092-737-9700

ご予約フォーム

骨盤王国

整体と慢性症状の専門!西鉄福岡駅南口より徒歩1分、アップルストアより徒歩1分

実は関係があるO脚と上半身!?

 

O脚の原因と言うと足首や股関節など
下の方の原因が思い浮かびます。

しかし実際原因は一つだけでは無く複合的に起きている事が
多いと言えます。確かに歩き方など
下からの原因が多くを締めるとは
言えますが実は上半身からも影響があるのです。

筋肉は繋がっている

皆さまは筋膜と言う言葉を聞いた事があるでしょうか?
筋肉を包む薄い膜で全身をクモの糸のように張り巡らされています。
丁度ストッキングで全身覆われているような感じです。

この筋膜は足先から首まで繋がっています。
と言う事は足が歪めば首も歪み、首が歪めば足も歪むと言う事。
服を引っ張るように歪んだ箇所は全身に影響します。

この筋膜は電車の路線のように道順が決まっていて
どことどこが繋がるかというのが決まっています。
ですから実際に首の筋膜を緩めるだけで足の外側がゆるんだりするのです。

足の裏を刺激して内臓を整えるのは反射という繋がりですが
それ以外にもこうした膜による繋がりから体に
影響するという事があると言う事を
知っておいてください。

O脚の人は基本的に外側に荷重や負担がかかっています。
肋骨や脇の筋肉は普段腕を使ったり、パソコンを
操作したりして使う頻度が高く
緊張しやすいと言われています。
この筋肉の収縮から外側の筋膜が引っ張られて
外側に負担がかかるということが起こります。

ですからデスクワークの姿勢で腕や首の歪みが
総じて足にかかるということは起こりうる事なのです。

肋骨から骨盤、内臓へ

もう一つ上半身で影響があるのが骨盤の内側です。
姿勢の悪さから肋骨が圧迫されたり筋力が低下することで
内臓が下垂します。

O脚の人は基本的に姿勢が悪く
お腹も出ていることが多いのはそのためです。

内臓が下がれば骨盤も圧迫されて開き
それを支えている股関節にも捻じれを生じてきます。
そこからさらに膝の捻じれに繋がり、最後は足首の捻じれへと
移行して行きます。

このように姿勢が悪くなることで
体の内側のバランスが崩れ結果的にO脚や下半身太りなどに
派生してしまうと言うことです。

肋骨を使う

皆さまは肋骨を意識したことがあるでしょうか?
現代人は呼吸が浅く、肋骨自体も動きが硬くなっている人が多い
と言われております。

筋力を使っていない人の肋骨は開いていて
閉まりがない状態になってしまっています。

肋骨を締める

1まず息を全部吐きます。最後の一呼吸まで吐き切るように吐きます。
2するとお腹の内側が硬くなるのでそれを維持したまま
鼻から背中に息を入れます。
(いわゆる胸式呼吸でお腹を凹ませたまま肺に息をいれます)

3息を吐くときに肋骨が絞られるように意識して、
ゆっくり最後まで息を吐きます。

これを5回から10回続けます。

やってみると分かると思いますが案外キツイとおもいます。
何故なら普段意識して使っていない所を使うので
簡単に言うと退化した場所を元に戻す作業になります。

筋肉は意識をすることでまた使えるようになります。
そして継続的に行う事でだんだんと無意識にも使えるように
なってくるのです。

ただずっと胸式呼吸だけしていると交感神経が優位になるので
お腹で息をする腹式呼吸も行うようにしてください。

呼吸で姿勢を良くしてO脚改善に繋げてください^^

「ももち浜ストア」水曜マイスター出演記念キャンペーン!開催中!

  • 今すぐネットで予約する
  • 電話で予約する 092-737-9700