092-737-9700

ご予約フォーム

骨盤王国

整体と慢性症状の専門!西鉄福岡駅南口より徒歩1分、アップルストアより徒歩1分

O脚で悩んでいる方の一番の原因とは?

O脚で悩んでいる方の一番の原因は?
と聞かれたら。。。
筋力低下と筋力バランスと答えるのが正しいかもしれません。
(遺伝や骨格的な変形の場合もあります)
今回はO脚が治りやすい人と治りにくい人のタイプと
必要な筋肉について書いていきたいと思います。

O脚治りやすい人とにくい人

まずO脚が治りやすい人の特徴としては
捩れが少ない人とやわらかい人、そして筋量が比較的ある人です。
この二つが揃うと開きはあっても結構な確立で戻ります。
捩れが無いというのは少しわかりにくいかもしれませんが
足が本当にOの字に近い人です。
いわゆる膝の下で突然曲がるような
膝下O脚やXO脚ではない足です。

筋肉の硬さは文字通り
足の筋肉が柔らかい人
特に膝の裏などがガチガチになって膝が伸びない人は要注意。
O脚の人は膝が伸びきらない人が多いのです。
中には半張膝と言って逆に膝が曲がっている人もいます。
このような人も難しい要因のひとつです。

筋肉量はトレーニングをしている人などは
比較的改善されやすい傾向にあります。
スポーツをしていても、サッカーやバスケなどをしていたという人は
使い方にもよりますが、筋肉のバランスが崩れて
O脚になりやすい人が多いようです。

筋力低下とトレーニング

では実際どこの筋肉が落ちているのでしょうか??

原因となる筋肉

一番初めに思いつくのは腿の内側の筋肉内転筋では無いでしょうか?
良く耳にするのが腿を内側に閉めようと間にクッションなどを挟んで
ぎゅーっと潰して力を入れるというような筋肉トレーニングです。

この筋肉は確かに足を閉めるのに大切な筋肉です。
しかしもっと重要な筋肉があります。
それは・・・

体幹の筋肉

大事な筋肉とは体幹の筋肉、つまり体の中心を支える筋肉郡です。
具体的に言うと
腹横筋、腹斜筋、骨盤底筋郡、多裂筋などです。

O脚の人の体の特徴として
足の前側に体重がかかり、前側の筋肉が肥大しているのが見て取れます。
本来前側の筋肉は歩くや立つときはそこまで使用しないのに
余計な力が加わることで緊張が生まれ、下半身太りのような感じになってしまうのです。

これを改善するために必要なのが
後ろから引く筋肉や体の中から支える筋肉なのです。
それが先ほど述べた体幹の筋肉です。

このうちお尻を閉める筋肉
骨盤底筋郡をお話します。

骨盤底筋郡

子宮や膀胱などの内臓を下から支える筋肉の総称で
肛門や、尿道、膣を閉める働きがあります。
骨盤の中にある筋肉で背骨やお腹、内腿の基底部
にあることでこれらすべてに影響を与えます。
つまりここが整うと姿勢も整うということです。

鍛え方

1 お腹を凹ませて息を吐きます。
2 お腹を凹ませたまま背中に息を入れます。(肺を膨らませる)
3 そのまま息を吐いていきながらお尻をすぼめるように
力を入れていきます。

底筋は先ほど述べたように
尿道を閉めたり、肛門を閉めたりするときに使う筋肉なので
ポイントは大きな筋肉に力をいれるというよりも
おしっこを我慢したり、睾丸が引きあがるといった
感覚を意識した方が力が
入りやすいです。

繰り返すことの意義

筋肉は使わないと退化します。
退化すると正常な機能を発揮してくれません。
筋肉を肥大させるトレーニングも重要ですが、
一番は繰り返すことで
脳にここに筋肉があって動かすことができるよ!と
指令を送ることが重要です。そうすることで自然と体が
その意識に変わり姿勢や体が変わってくるという流れになります。
毎日少しずつ5分でもよいので続けてみると体が
きっと変化していくのを感じることができると思います。

 

「ももち浜ストア」水曜マイスター出演記念キャンペーン!開催中!

  • 今すぐネットで予約する
  • 電話で予約する 092-737-9700