092-737-9700

ご予約フォーム

骨盤王国

整体と慢性症状の専門!西鉄福岡駅南口より徒歩1分、アップルストアより徒歩1分

盲点だった?!まさかの原因と簡単3STEPで顎関節症対策

 

笑うとき、美味しいものを口いっぱいにほおばるとき、口が大きく開かなくて不便に思ったことはありませんか?また口を開け閉めしるときに「かくかく」鳴って、日常生活に支障はないけどなんか気になる。音は鳴るわ、口は開かんわ、痛いわで辛すぎる・・・

 

022555

顎関節症は見た目には全く変化がありませんが、段階によって日常に与える影響は大小さまざまで、しかも何をきっかけに発症したのかきっかけがわからず困惑している方も多いです。

簡単なケアで何も気にせず大きな口をあけて笑ったり食べたりできる身体を手に入れることができたら・・・そんな願いをかなえます♪

顎の関節を治療しても治らない??

「顎関節症」と呼ぶからには関節に原因があると思いがち。以前はかみ合わせの異常や骨格、関節に原因があるといわれていましたが、現在違うことに原因があることがわかってきました。関節を直接治療しても主な原因が解消されなければ根本的な解決にはなりません。

では一体何が原因なのでしょう。

 

顎関節症の原因とは?

◎ストレス

学校や職場、家庭など人間関係など思い当たるストレスはありますか?
精神的なストレスは筋肉に緊張を与えます。特に辛いことや悔しいことがあったとき、もしくは仕事に集中しているとき無意識に歯をくいしばり、顎に負担をかけてしまいます。

 

◎クセや習慣

頬杖をつく、片方で食べ物を咀嚼する、うつぶせで寝るなど、片方の顎や周りの筋肉に負担をかけるような姿勢は顎関節症へとつながります。

 

◎姿勢

猫背や片方に重心を乗せるような立ち方も影響します。筋肉を包む筋膜は全身をすっぽりと覆っているので体がゆがむことで、2次的に顔や顎にもゆがみが生じてしまうこともあるのです。

 

◎直接的な衝撃

ほかの所が原因であることが多いですが、事故で顎をぶつけたり歯の治療でいきなり思いっきり口を大きくあけたりした際も顎関節症のきっかけとなります。

このように、一見全く関係なさそうな身体の歪みやクセも顎関節症のきっかけになってしまいます。日常生活のかたよったクセはありませんか?
少しでも偏ったクセを減らしていくことが顎関節症を治す近道となるでしょう。

 

3STEPで簡単解消

身体のゆがみはもちろんですが、やはり顎周りのケアもしたいですよね。
お待ちかね!お家でできる誰でも簡単3ステップをご紹介します。

ベースの型は「しゃくれ」

022808
「1.2.3.ダアーッ!」で有名なあの方のものまねをするときのように下顎を前につきだしてください。このままの形で次の3つの動きをします。

  • 下あごを左右に動かす
  • 下あごを前後に動かす
  • しゃくれた状態から大きくくちを開ける

 

これをそれぞれ10回×3セットを毎日続けることで口がスムーズに開くようになります。

 

 

音に注意

顎関節症のときになる音には「クイック音」と「クレピタス音」と呼ばれるものがあります。

クイック音は口を開ける際に鳴るカクカクやぱきぱきという音で、顎の関節をスムーズに動かすための組織である関節円盤という軟骨がずれた状態で初期段階から鳴り始めます。

「クレピタス音」はしゃりしゃりやじゃりじゃりといった砂が混じったような音で顎関節症が悪化し、関節に摩擦が生じて削れている音です。

どちらも痛みがなければそのままほおっておいても大丈夫ですが、もしこの音を鳴らないようにしたいという場合、完全に鳴らなくなるようにするには時間がかかるので根気よく続けて行く必要があります。

 

 

まとめ

「顎」や「口」の動きは、お話したり、食べ物を食べたりと私たちの生活の中でとても重要で本当によく使う場所です。

顎への直接的な負担ももちろんですが、普段の身体のゆがみやクセの見直しで軽減できます。あなたも簡単ケアとクセの見直しで、気兼ねなく美味しいものを頬張れる生活を手に入れましょう♪

2c564ec3139b918fa14bfca6ffb4713f_s

「ももち浜ストア」水曜マイスター出演記念キャンペーン!開催中!

  • 今すぐネットで予約する
  • 電話で予約する 092-737-9700