092-737-9700

ご予約フォーム

骨盤王国

整体と慢性症状の専門!西鉄福岡駅南口より徒歩1分、アップルストアより徒歩1分

全178件中 21〜30件目を表示

歩くことも台所に立つのもつらかった痛みが…(すべり症・狭窄症)

今回インタビューにお答えいただいたYさん。

Yさんは3ヵ月前に、腰や足の痛みがひどくなり
歩くのも台所にたって炊事することさえ
痛みの為に難しくなっていました。

病院でMRIをとった後の先生からの診断では
腰部脊柱管狭窄症と腰痛すべり症になっていて
坐骨に影響していると説明されたそうです。

病院からは痛み止め処方してもらうも
1週間しても痛みは変わらなかった為、

次は病院から紹介された整骨院へよってみるも
足のじんじんする痛みはますます
酷く悪化してしまいました。

そんな時にお嬢様から骨盤王国を紹介され来店されたYさん。
骨盤王国に来院されるまでのインタビュー(前編)はこちらをクリック↓


整骨院では改善されなかったじんじんする足の痛みはどうなったのか?
Yさんが骨盤王国の施術を受けられた感想(後編)はこちらをクリック↓

 

Yさんのインタビューは如何でしたか?
あなたがもしもYさんと同じように
腰部脊柱管狭窄症や腰痛すべり症やヘルニアの痛み、痺れでお困りであれば

「もっと早く来とけばよかった・・・」
そう言わないために、一番初めに当店へお越しください!

骨盤王国 離 092-737-9700

 

 

 

腰部脊柱管狭窄症,狭窄症,腰椎すべり症,すべり症,ヘルニア,福岡,整体

産後2ヶ月後から始まった腰痛の痛みが2ヵ月後に…(産後の骨盤矯正)

産後2ヶ月後にかわいい我が子を抱っこしているときに
徐々に腰の痛みが気になりだしたMさん。
その後、腰痛が酷くなり
体力的に子育ての余裕がなくなってしまったそうです。

そして、何をするにしても、腰の痛みを感じるようになり
最終的には赤ちゃんを抱っこするのが、
憂鬱に感じてしまいました。

 

 

育児を頑張りたい気持ちと
腰の痛みの板ばさみで
悩んでいた日々でしたが

 

妊娠中にご友人から話を聞いていた
骨盤王国のことを思い出し
来店されました。

 

 

骨盤王国に来店されたMさんのお体の状態を
しっかりと確認したところ

Mさんの産後の腰痛の根本原因は
足疲れだったことが判明しました。

原因が特定できたのであとは
足の疲労とバランスを回復させていくことで
Mさんの腰痛は改善されていきました。

 

そして、最初の来店から8回目の施術が終えるころには
Mさんは産後の腰痛は気にならなくなったと口コミをいただきました。

 

さらに、憂鬱に感じてしまって余裕がなくなっていた育児にも
笑顔をで楽しめる余裕がうまれたと
笑顔でインタビューにお答えいただきました。

そんな、Mさんとかわいいお子様のインタビューはこちら↓
■産後腰痛 かわいい我が子をたくさん抱っこしてあげたいのに腰の痛みで憂鬱になっているママへ

産後の腰痛が改善されたMさん、
実は出産前にはいていたデニムのパンツがスッとはけずに
産後に体型がもどるのか?気になっていたそうです。

骨盤王国式 産後の骨盤矯正は産後の不調を改善させるだけではなく
産後のママの気になる体型もサポートできます。

Mさんはデニムのパンツをスッとはけるようになったのか?は
↓こちらから確認してください!

■産後の骨盤矯正 出産前に履いていたデニムをスッとはきたいママは他にはいませんか?

 
Mさん、インタビューにお答えいただきありがとうございます。
今後は思う存分に育児を楽しんでくださいね!

あなたが産後の不調でお悩みであれば
一度、骨盤王国式 産後の骨盤矯正をお試しください。

 

 

 

産後骨盤矯正,産後の腰痛,産後の悩み,ウエストサイズ,福岡,整体

O脚で悩んでいる方の一番の原因とは?

O脚で悩んでいる方の一番の原因は?
と聞かれたら。。。
筋力低下と筋力バランスと答えるのが正しいかもしれません。
(遺伝や骨格的な変形の場合もあります)
今回はO脚が治りやすい人と治りにくい人のタイプと
必要な筋肉について書いていきたいと思います。

O脚治りやすい人とにくい人

まずO脚が治りやすい人の特徴としては
捩れが少ない人とやわらかい人、そして筋量が比較的ある人です。
この二つが揃うと開きはあっても結構な確立で戻ります。
捩れが無いというのは少しわかりにくいかもしれませんが
足が本当にOの字に近い人です。
いわゆる膝の下で突然曲がるような
膝下O脚やXO脚ではない足です。

筋肉の硬さは文字通り
足の筋肉が柔らかい人
特に膝の裏などがガチガチになって膝が伸びない人は要注意。
O脚の人は膝が伸びきらない人が多いのです。
中には半張膝と言って逆に膝が曲がっている人もいます。
このような人も難しい要因のひとつです。

筋肉量はトレーニングをしている人などは
比較的改善されやすい傾向にあります。
スポーツをしていても、サッカーやバスケなどをしていたという人は
使い方にもよりますが、筋肉のバランスが崩れて
O脚になりやすい人が多いようです。

筋力低下とトレーニング

では実際どこの筋肉が落ちているのでしょうか??

原因となる筋肉

一番初めに思いつくのは腿の内側の筋肉内転筋では無いでしょうか?
良く耳にするのが腿を内側に閉めようと間にクッションなどを挟んで
ぎゅーっと潰して力を入れるというような筋肉トレーニングです。

この筋肉は確かに足を閉めるのに大切な筋肉です。
しかしもっと重要な筋肉があります。
それは・・・

体幹の筋肉

大事な筋肉とは体幹の筋肉、つまり体の中心を支える筋肉郡です。
具体的に言うと
腹横筋、腹斜筋、骨盤底筋郡、多裂筋などです。

O脚の人の体の特徴として
足の前側に体重がかかり、前側の筋肉が肥大しているのが見て取れます。
本来前側の筋肉は歩くや立つときはそこまで使用しないのに
余計な力が加わることで緊張が生まれ、下半身太りのような感じになってしまうのです。

これを改善するために必要なのが
後ろから引く筋肉や体の中から支える筋肉なのです。
それが先ほど述べた体幹の筋肉です。

このうちお尻を閉める筋肉
骨盤底筋郡をお話します。

骨盤底筋郡

子宮や膀胱などの内臓を下から支える筋肉の総称で
肛門や、尿道、膣を閉める働きがあります。
骨盤の中にある筋肉で背骨やお腹、内腿の基底部
にあることでこれらすべてに影響を与えます。
つまりここが整うと姿勢も整うということです。

鍛え方

1 お腹を凹ませて息を吐きます。
2 お腹を凹ませたまま背中に息を入れます。(肺を膨らませる)
3 そのまま息を吐いていきながらお尻をすぼめるように
力を入れていきます。

底筋は先ほど述べたように
尿道を閉めたり、肛門を閉めたりするときに使う筋肉なので
ポイントは大きな筋肉に力をいれるというよりも
おしっこを我慢したり、睾丸が引きあがるといった
感覚を意識した方が力が
入りやすいです。

繰り返すことの意義

筋肉は使わないと退化します。
退化すると正常な機能を発揮してくれません。
筋肉を肥大させるトレーニングも重要ですが、
一番は繰り返すことで
脳にここに筋肉があって動かすことができるよ!と
指令を送ることが重要です。そうすることで自然と体が
その意識に変わり姿勢や体が変わってくるという流れになります。
毎日少しずつ5分でもよいので続けてみると体が
きっと変化していくのを感じることができると思います。

 

中学生の部活中に膝を痛めその後、ずっと痛かった膝の痛みが…

10年前、中学生のときテニス部の練習中に、
転んで膝を痛めてしまったというHさん。
痛めた膝はすぐに治ると思ったのに
完治せず、大人になっても
ことあるごとに膝の痛みが気になってお悩みでした。

治すためにこれまでも他の治療院にも通ったそうですが
施術中や施術後は一時的に痛みが無くなるような気がしても
膝の気になる痛みはすぐに戻ってしまい
健康や美容の為にジムへいっても
膝が痛みストレスを感じていたそうです。

骨盤王国を知って、来店するまでは
実は、「どうせ、今回も治らないかも…?」と
半信半疑だったそうです。

そして、実際に骨盤王国に来店され、施術を受けたときに
1回目の施術後は膝の痛みはそこまで減らなかったけれども

施術された先生が、親身に相談や質問をしてくれたことで
先生が今まで通った治療院の先生より
熱心だし、膝の痛みの原因を体全体からさがしてくれる姿勢に
もしかしたら、この先生なら
長年の膝の痛みを治してくれるかも!と
通ってみようという気持ちになったそうです。

その後、2回目の施術後からは、膝の痛みに変化がではじめて
よくなっていく希望が持てたそうです。

そして、なんと3回目の施術後はこれまでの膝の痛みがウソのように
感じなくなり、ジムでのトレーニング中も
膝の痛みを感じずトレーニングに集中できるようになっていて
驚いたそうです。

4回目の施術を受けるころには
すっかり膝の痛みから開放され、
この10年間で一番、膝の痛みにもやもやしないで済む
ストレスなしの生活を取り戻せたと
お喜びの声をいただきました。

それでは、Hさんのお喜びの声のインタビュー動画はこちら

10年も悩まされ続けた膝の痛みがたった4回の施術で…

いかがでしたでしょうか?
Hさんは10年も悩まされ続けた膝の痛みから開放され
素敵な笑顔で毎日を活動的に過ごされています。

あなたがHさんと同じように昔痛めた膝の痛みで
毎日ストレスを感じているのであれば
是非一度、骨盤王国へご来店してみて下さい。

O脚の種類とその治りやすさの秘密

そもそもO脚とは? 真っすぐに立った時に太もも、膝、ふくらはぎ、内くるぶし
が付かない状態がO脚と呼ばれます。
逆に言えばこのポイントが全部付いていれば綺麗な足と言われるわけです。

原因としては遺伝なども言われていますが
大体が生活習慣の乱れによるバランスの偏りから起こります。

タイプがある

O脚にはその形からタイプが分かれています。

全体がO型
股関節から下が外側に開き、文字通りOの形になっているタイプです。
度合いにより指が1,2本離れている方から手が一つ分以上離れている方まであります。

膝下O脚
気がつかなくてもO脚だったりするのがこのタイプ。膝の下がOの字で大腿は
くっついています。このため自分はO脚だと思っていない人もいます。
脛の外側が硬くなっていて、骨が外に飛び出したように見える人もいます。

XO脚
膝だけついて腿とふくらはぎがつかないタイプ。足自体が捻じれていることも
多々ありこのタイプで筋肉が硬いと改善が困難な場合もあります。

O脚と重症度と治りやすさ

O脚の重症度と治りやすさは比例しないのです。指が5本以上離れている人よりも
1, 2本しか離れていないのに捻じれが強く、外側の筋肉が硬くなっている人の方が
改善が難し事もあります。

実際に若くて柔軟性のある学生さんなどは数回のトレーニングで
効果がでることも多く、長年かかって捻じれが強い人は
改善までの時間がかかることも多々あります。

O脚の人のリスクとは

またO脚は痛みを出すという所とりも見た目が気になるという問題がほとんどですが
他にも色々リスクがあります。

疲れやすい
その一つに、足にかかる負担が綺麗な足の人よりも多くなるので
疲れやすい、むくみやすいというものが上げられます。
1説には3,4倍の疲れやすさになるという報告もあります。
また足の循環も悪くなり、栄養が行きわたりにくく、血液が戻りにくくなるために
起こることです。そのため冷え性などになることもあります

痛み
特に膝などに影響を与え、ずっとその状態が続くことで変形したり
痛みを誘発する事もあります。

他への影響
真っすぐでない状況というのは体全体へ影響します。
O脚は股関節、膝関節、足関節の問題があるので
さらにその上の骨盤、脊柱、頸、頭まで影響し、
肩こりや上部の痛みに繋がることもあります。

柔軟性と内側の筋力Upで改善

O脚の原因は骨の変形では無く、筋力低下と硬さにあると伝えました。
それを改善するためのストレッチと筋トレです。

開脚
最近はやりの開脚ですがこれも股関節を柔軟にしてO脚を改善するのに有効です。
横と、縦の開脚で反動付けず無理なく30秒ほど伸ばします。

お尻の筋力を上げる
骨盤の下を支えている骨盤底筋を引き上げるために
寝た状態で膝を立てて吸気とともにお尻をすぼめるように力を入れます。
この時女性なら尿を我慢するように、男性なら睾丸が
引き上がる感じのイメージで
お尻の外の大きな筋肉に力が入らないようにするのがポイントです。

続けることが大事
まずは柔軟性をつけて、同時に普段使っていない内側の筋力を
意識する事でだんだんと体が正常な状態に近づいてきます。

なんでもそうですが続けることが大切です。
人によってスピードは個人差があるので無理なく続ける事が必要になります。

頑張ってもとの綺麗な足を目指してください!

そのO脚矯正グッズ効果ありますか?

O脚矯正用の様々なグッズが販売されています。
これらは実際どれぐらい効果があるのでしょうか?
色々な観点があると思いますが経験上や整体的な考えから
お話したいと思います。

インソール

O脚の人は外に体重がかかっているために外側が高くなっていて
内側に体重がかかるようになっているという中敷です。

確かにO脚の人は外足加重なので内側の筋力が弱いのは事実です。
それから実際にインソールだけでO脚が改善された方もいらっしゃいます。

ただこれは物によっては一時的で
インソールを外したらまたもとに戻ってしまったという例も数多くあります。

また外足加重と言っても人によってかかり方は様々です。
100人いたら100通りの加重のかかり方、バランスがあります。
これは骨盤ベルトや、猫背矯正グッズなどすべての商品にいえる事ですが
万人向けの物は無いということです。

見かけ上と実際は違う場合もありますし、多くの人が統計的にそうだということを
元に作られた商品なので、絶対はありえないということです。

それからバランスは日々変わるものです。ちょっとした姿勢や使い方によっても
人の体は変化します。
ですので昨日の体と今日の体は微妙にかわっているかもしれません。

それをずっと同じままの矯正で続けていくと
どこかで逆に負担になってしまう可能性をはらんでいます。

本当にインソールで改善させるのならば
こまめに足のバランス、全体の状態を計測してオーダーメイドで作る
必要があります。

さきほど述べたように良くなる事もありますので、全否定もできませんが
あくまで考え方としてはこういう理論もあると知っておいた方が
良いということです。

足を縛るグッズ

他にあるのが足を縛るグッズです。
夜寝る前に足を縛ると改善するというグッズも存在します。

これも効果がでることもありますし
当院でも足を縛る方法も取りいれて効果も出しております。

これにおいては、ただ縛るのではなく
きちんと筋力やバランス、角度を調整した上で縛る必要があると
言うことと、やはりこれだけでは戻る事も多々あるということです。

すべてに言える事

これはすべての商品に言える事ですが
それだけでは戻る可能性や、人によってはまったく効かないこともある
という事です。

当たり前のような事ですが
これはなぜO脚になるのかに関わってくることです。

O脚は筋力のバランスの変異による所が大きい

これがO脚を見る上での一番重要なことになります。
内側と外側の筋力と柔軟性を整える事で足が真っ直ぐになってきます。
ですのでただ一箇所を矯正的に戻すのよりは
全体を見てそのバランスを整えていった方が効果が高いということです。

結論

何度も言うようにグッズだけで改善された例もあるので
筋トレや治療に通うのが面倒だとかできないという人にとって
1つの方法としては良いかもしれません。

しかし本当に心から改善したいのであれば
プロにバランスを診てもらうか、自分でストレッチと筋トレを
していく方が効果が高いということになります。

トレーニング方法はこのブログの他の記事に上げてありますので
そちらを参考に。

気になっていた腰痛の痛みの根本原因をすばり教えてくれました!!

 

原田 順平さん フリーター
お悩み:腰痛

 

原田さんは、長崎県から福岡県へ移動中のバスの中で
気になっていた腰痛の痛みが酷くなり、

あわててネットで
福岡の治療院を探したとろこ

骨盤王国のHPのスタッフの明るい感じに
来店を決意してお越しいただきました。

当初は知らない土地で腰は痛いけど
大丈夫かなと不安もあったそうです。

 

そんな原田さんの腰痛に対して
しっかりと安心してもらえるように
問診とお体の状態を確認しました。
すると原田さんの腰痛の根本原因は内臓が疲労で
硬くなっていることが分かりました。

 

そのことを原田さんにお伝えしたところ
今まで長崎県で通われていた整骨院でも
アドバイスされたことのない内容だったようで、

最初は半信半疑なお顔を
されていました。
しかし、内臓中心に施術を進めていくと
どんどん腰痛の痛みに変化が起こり

原田さんも腰痛が本当に楽になっていくにつれて
内臓が原因だったことについて
ご納得されました。

 

最終的に腰を反るのが腰痛の痛みで
できなかった状態が
楽に腰を反れるようになるという大変化を感じていただきました。

 

最後に原田さんからは
「骨盤王国の先生はすごい!!」
とお褒めのお言葉をいただきました。

 

原田さん、知らない土地でありながら、
骨盤王国を選んでいただき、
ありがとうございました。

腰痛の痛みが1回の施術で楽になって
腰痛の根本原因もお調べできて
よかったです。

福岡にお越しの際は、ご来店をお待ちしております。

 

原田さんのように他の整骨院や治療院に通っていても
腰痛の痛みが思うように改善されていない方は

もしかすると、腰痛の根本原因が
腰以外の別のところにあるのかもしれません。

 

是日、骨盤王国でしっかりと
あなたの腰痛の根本原因を
お探ししませんか。

 

 

 

 

O脚改善の筋トレでよくある間違い②

もうすぐバレンタインですよ~!
巷にはおいしいお菓子が溢れています。日本のイベント事はおいしい
お菓子が沢山たべらるように作られたと思います。この時期限定の
お菓子等も沢山あるので、新しい味覚にチャレンジもしやすいですよね♪
恋人たちの~とか、知りません。笑

足ばっかり鍛えてませんか?

O脚が気になる!ってなった時に、よく言われるのが、
『筋肉のバランスが悪くて膝を外にひっぱている』
ですね。こう聞くと、なんだか、
『足の筋肉をしっかり鍛えなおさなきゃ!!』
って思いませんか?
私も、昔はそうでした。美脚を目指しての筋トレは、足のみ行っていました。
足の筋トレも間違ってはないんです。勿論、足の筋トレをすることで
改善する方もいらっしゃいます。
でも、決定的にたりてないものがあるんです。
それは…

立ち姿勢でも腹筋は大事なんです。

『腹筋』です。
意外でしたか?腹筋と言われると、
『背筋を伸ばす』『お腹ぽっこり解消』
等の時に鍛えるイメージありますよね。
でも実は、この背筋…というか体幹です。
がまっすぐであることもO脚改善には欠かせない要素なのです。

O脚の方って、ほぼ100パーセントの確率で
『姿勢も悪い』んですよ。
前回の記事でも書きましたが、
貴方の体は『O脚になること』で『体のバランスをとっている』 状態になっています。

なので、『まっすぐな脚』でOKな体のバランスにしてあげましょう。
その為にも体幹がまっすぐでしなりがある事がとても重要なのです。

体幹トレーニングってなにしたらいいの?

では体幹を鍛えるっていうと何を想像しますか?
長友選手でしょうか?あの本話題になりましたよね。
でも、あんなにガッツリ鍛える必要はないんです。
これも日常動作で気をつけるのが重要になります。
あ、勿論筋トレしたい!!っていう方はがんばってください。
では、何をしたらいいか…
『骨盤の真上に肋骨がまっすぐ乗るように腹筋に力を入れる』
ただこれだけ。
これ、けっこう難しいんですよ。

背筋を伸ばそうとすると、殆どの方が腹筋よりも背筋に力が入ってしまうと思います。
最初は鏡を見て行ってくださいね。腰、反りすぎていませんか?
姿勢トレーニングは、最初は必ず鏡で確認してください。
自分の体は、いろんな感覚を駆使してきちんとした
姿勢がとれていると『勘違い』してくれます。

自分の重心がズレていても気づきにくいのはこのためです。
なので、しっかり目で見て姿勢を正してください。
実は、私、かなりのそり腰でした。
なので、背筋を伸ばす!!と思うとこんな感じにしてしまっていたのです。

腰反ってるし、何か肋骨横になってるし、重心前のめり
こんな姿勢でも、自分では『綺麗な姿勢を努力して作ってる!!』つもりでした。
正しい姿勢にすると、こんな感じ。


…まだ改善の余地ありです。笑

でも先ほどよりは重心バランスがまっすぐですよね。
最初はけっこうプルプルします。気を抜くとすぐ戻ってしまいます。
でも根気よく続けていて今はこっちの方が楽に立つことができるんです。
一度体に覚えさせたら、その状態を毎日少しずつ持続できる時間を作ってください。
「あ、私、こんなところの筋肉を使わずに生活していたんだ」

とか感じたらしめたもんです。笑
確実に身体が変わり始めています。

腹筋、使って立ててますか?

腹筋って、あんまり意識されてないですが、足を蹴るときにすごく重要なんです。
ここがしっかりしていないと地面を上手く蹴れません。
試しに爪先立ちをしてみてください。腹筋から爪先までのつながりを意識して
立つだけで安定するんです。O脚の方は、
このつながりを体が意識できていない事が多いです。
まず爪先に力を込めて立てない人は、筋トレを行った方が
足指の筋トレも行ったほうがいいですね。

「すっごい努力」よりも必要な事

『歪みを治す』とか
『骨格矯正』とか聞くと、
どうしても
『ものすごい努力』
をしなくてはなくならない気がしませんか?
実際に私達の所にいらっしゃる方で、O脚について様々な努力をしてきた方ほど
「何をすればいいか」
を聞きたがります。
そしてお伝えすると、大体拍子抜けなさいます。笑
簡単な事しか言わないからです。
人によってはとてつもなく疑われます。
疑ってもいいから、とにかくこれをやって欲しい!!と切に願っています。

本当に大事なのは「新しく始めること」よりも「現在の見直し」なんです。
貴方の生活習慣が、現在の貴方の体を形作っています。
今回は腹筋についての話でした。他の部分は、またの機会に~。

とても開いていたO脚の足がくっつくまでになりました!!

匿名希望 女性 OL

お悩み:O脚

 

「きっかけは、軽い気持ちで気になっていた
O脚の矯正に来ました。

8回のつもりでしたが、思ったよりもながくかかり
1年弱通いました。

結果、最初はとても開いていた足が
少し力を入れてくっつくまでになりました。

 

毎回、宿題を出されるので、ぼちぼち頑張りました。

通ううちに気をつけるポイントなど分かってきたので
とても良かったです。

 

気をぬくと戻ってしまうので、
日々の生活で気をつけて、

今の状態をキープできるように
がんばります。」

 

と口コミを頂きました。
ありがとうございます。

 

O脚の原因は直接的な原因と関節的な原因の
2つになります。

諦めかけていたO脚の開きでお悩みの方は、
まずは骨盤王国にて

 

 

O脚になっている原因から確認してみませんか?

 

 

 

 

 

O脚,美脚矯正,福岡,整体

O脚は手術しないと治らない?の本当の所

O脚は手術でしか治らないのか?
という質問を掲示板で読んだことがあります。

また骨や関節が曲がっているのだから
筋肉や靭帯を動かしても変化があるわけがないという人がいます。

結論から言うと
確かに骨が曲がっていたり、関節が硬縮してしまったら
切ったり削ったりという外科的な施術が必要になるかもしれません。

しかし多くの患者さんや、体操などで実際にO脚が改善したという症例は
沢山見られます。

これは何故でしょうか?

見た目だけで決して変形しているとは言えない
足が大きく外に曲がっているように見えても
それが見かけ上で実際には筋肉で引っ張られていたり
捩れているのでそのように見えたりすることの方が圧倒的に多いからです。

ここは整体と形成外科的な医学の観点とは少し違うところです。

少し話は反れますが
腰痛や肩こり一つとっても医学的には老廃物や乳酸による血流の異常から
痛みが出ているという事になりますし
直下の問題はそこにあると言えます。

しかしでは何で血流が阻害されるのかと言えば
説明がつかないことがあります。
運動不足、姿勢それも原因の一つですが
中には内臓疲労や、足首を庇っていて肩がこるとか
腕の使いすぎでかばって腰痛という症例もあります。

これは整体の考え方で原因がどこになるのか?
と言う所を重要視します。
西洋医学やお医者さんの考えはもちろん大切ですし必要な部分ですが
同じ体を見ると言ってもこのように観点が違うのです。

ですから足が曲がっているイコール骨が変形しているから
戻るわけがないというのは一つの側面での
考え方にすぎないわけです。

それは先ほども述べたように
実際体験として多くの人が病院で治らないと言われたのに
目の前で少しずつですが変化したのを見てきているから
いえることでもあります。

原因は何か?

私はO脚の1番の原因は
筋肉靭帯の硬縮と筋力低下にあると思います。

遺伝や骨盤の異常などもありますが
後天的な姿勢や運動不足や使いすぎによる
筋力のアンバランスによるものが圧倒的に多いと言えます。

原因が骨ではなく
筋肉にあるのなら、筋トレーニングや、筋肉関節へのアプローチで
変化を起こすことが可能です。

硬いところ
硬いところでは足の前側特に
四頭筋という腿の筋肉や付け根の筋肉
脛や脛の外側、足の小指側などの筋肉や関節が硬くなりがちです。

これはO脚の人が前側重心になり、また外側に加重がかかることによるものです。

力のない所

では逆に力のない所はその反対側といえます。
特にお尻を閉める筋肉や奥の筋肉
腿を内側に閉める筋肉などがそれにあたります。

改善法としては
硬いところの柔軟性をつけて
やわらかい所の筋肉をつけてあげればいいわけです。

自分ではわからない場合は専門家の方に見てもらった方が
パーソナルな部分があるので良いと思います。

ただ一般的に行った方が良いのは
お尻周りの筋肉のトレーニングだと言えます。

お尻を引き上げる

1足を20度ぐらい開いてかかとをつけて立ちます
2姿勢を正してお尻にペンを挟みそれを落とさないようにします。
3そのときにお尻の底面をお腹の中に引き込むようなイメージで
力をいれてください

継続は力なり

やはり矯正だけで筋力が無い戻ってしまったりします。
続けてトレーニングすることで結果はついてきます。
変化を楽しみながらがんばってみてください!

全178件中 21〜30件目を表示

「ももち浜ストア」水曜マイスター出演記念キャンペーン!開催中!

  • 今すぐネットで予約する
  • 電話で予約する 092-737-9700